金鶏山

中尊寺と毛越寺のほぼ中間に位置する円錐形の優美な金鶏山。山頂からは平泉すべてを見渡せることから、まちづくりの基準となった象徴の山で、経塚が造営されていたことによりさまざまな伝説が残っています。