秀衡塗

平安時代の末期、中尊寺をはじめとする仏教美術をこの地にもたらした奥州藤原氏のもとで、始められた秀衡塗。源氏雲に春秋の草花、果実、金箔の有職菱紋が描かれた風格漂う伝統工芸品です。