中尊寺 金色堂(国宝)

内外に金箔を押した「皆金色」の阿弥陀堂で、全体がひとつの美術工芸品の様相を呈し、数ある中尊寺の堂塔の中でもとりわけ意匠が凝った御堂です。中尊寺創建当初の姿を今に伝えています。