一関市・大東大原水かけまつり(2月11日)

江戸時代から続く伝統的な祭り。火防祈願・無病息災・家内安全を祈って勇ましく走り抜ける裸の男達を待ち構えるのは、容赦なく冷水を浴びせかける人々。極寒の2月に行われることから“天下の奇祭”とも呼ばれています。